• ホーム
  • 性病の一種であるクラミジアの症状と有効な性病治療薬

性病の一種であるクラミジアの症状と有効な性病治療薬

患者を診ている医者

性病には様々な種類が存在し、それぞれ症状や有効な性病治療薬の種類も異なります。

性器クラミジア感染症も性病の一つであり、真正細菌の一種であるクラミジア・トラコマチスが感染することにより発症します。
感染の原因は性交やオーラルセックスなどで、感染場所は男性の場合は尿道、女性の場合は膣内です。
また、男女共に咽頭にも感染します。
咽頭感染している相手とディープキスを行うことで感染する場合もあります。

感染から数週間ほど経過すると発症しますが、男性の症状としては尿道から出る膿が挙げられます。
また、痛みが生じるケースもあります。
一方女性は自覚症状が少ないですが、おりものが増える場合もあります。
なお、放っておくと男性は前立腺炎や精巣上体炎、女性は子宮頸管炎や卵管炎を起こしかねません。
また、産道感染によって新生児が肺炎にかかったり、流産しやすくなったりもします。
更に、クラミジアに感染している人は他の性病にもかかりやすくなるため、早めの治療が必要です。

感染の有無を調べるためには、男性は泌尿器科を、女性は産婦人科を受診する必要があります。
もちろん性病科でも問題ありません。
咽頭感染の可能性がある場合は耳鼻咽喉科に行きましょう。

性器クラミジア感染症に有効な性病治療薬としてはニューキノロン系やテトラサイクリン系の抗生物質が挙げられます。
服用を始めてから数日で症状が消えることも多いですが、医師に言われた期間は性病治療薬を服用し続ける必要があります。
菌はまだ死滅していないため、途中で服用を中断してしまうと、耐性菌が増えて症状がぶり返したり悪化してしまう恐れがあるからです。

コンドームの着用によりある程度は予防できます。

人気記事一覧