• ホーム
  • ヘルペスに効果のある性病治療薬

ヘルペスに効果のある性病治療薬

落ち込んでいる男性

性器ヘルペスというのは、ヘルペスウイルスに感染したことが原因となって、排尿する際に痛みが生じたり、発熱があったりする性病の一種です。
このウイルスに最初に感染したときに発熱などの症状が顕著になりますので、あまりにも症状がひどいようであれば、病院に入院して治療を行うということもあります。
ヘルペスの治療に用いられる性病治療薬というのは、抗ウイルス薬とよばれるタイプの医薬品であり、体内でウイルスが増殖するのを抑制し、免疫が自然にはたらいて体のダメージを修復するのを助ける効果があります。
ヘルペスの治療薬として有名なゾビラックスでヘルペスウイルスを退治しましょう。
こうした性病治療薬については、経口で毎日一定の錠数を飲むタイプのものが主流ですが、患部に直接塗るタイプの外用薬もあり、病院で入院する場合については、静脈注射用の効き目の強いものが用いられることがあります。
これらは同じ性病治療薬とはいっても、症状が出ている身体の部位や、症状の程度などによって使い分けがされ、副作用の頻度などもそれぞれ異なってきます。

また、ヘルペスという病気は、いったん症状がおさまって治療が完了したと思っても、実はウイルスは体内にいまだ潜伏しており、体調を崩した場合などに再発する可能性も高いということが知られています。
再発の場合については、はじめて感染したときに比べると、劇的な症状が出ることは少ないものの、やはり水ぶくれやただれなどの皮膚症状を中心とした症状があらわれ、症状が軽微だからと放置していると、かえって他の場所への感染が拡大してしまいます。
このため、性病治療薬の使い方としては、毎日少量ずつ経口服用することによって再発を防止するという方法もあり、こうしたものは再発抑制療法とよばれています。

人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ